業種別補助金 - 起業家必見!会社設立で利用できる補助金解説

業種別補助金

会社設立をする際にはたくさんの資金が必要になります。
この資金を調達するためにはまず自己資金や融資といった形で通常調達する人が多いでしょう。
そんな資金集めの際に見落としがちなのが、補助金や助成金制度です。
どちらも共通して言えることが、助成金も補助金も返済の必要はございません。
返済の必要のないお金という事で、これは利用したいところですね。

しかし注意が必要なのが、この助成金や補助金は前払いで受け取ることはできません。
これは例えば300万円で創業した際、自分で200万円用意をして残りの100万円を助成金や補助金で用意するというのではなく、先に自分で300万円用意をしてのちに100万円を受け取りすることが出来るといった後払い形式になります。
ですので最初の資金は自分で用意をする必要があります。

最近注目されているものがものつくり補助金制度です。
アベノミクスの一環であるこの補助金制度は中小企業や小規模企業がものつくり、新たなものを開発したりする費用の3分の2までを補助金として受給することが出来る制度です。

また補助金助成金には地域別や業種別に調べていくと自分の受けられる対象になる補助金や助成金を受給することが出来ます。
まずは大きく分けると、サービス業・卸売・小売業・飲食業・製造業・鉱業と業種別で調べていくと良いでしょう。
またその中からさらに業種を絞っていくと、自分の会社に合った補助金や助成金制度を見つけることが出来ます。
また個人事業主か法人であるかというところでも受けることが出来るものが違う事があります。

ただ誰でも受けられるわけではございません。
必要な書類は事業計画書です。
これはその設立する会社がどんな会社なのかを詳しく説明した書類となります。
いずれも補助金や助成金を受け取るためには社会の役に立つかどうかが重要なポイントとなりますので、雇用問題や地域活性化などを含め役に立つ事業内容であればあるほど受けやすくなります。