補助金の手続き - 起業家必見!会社設立で利用できる補助金解説

補助金の手続き

会社設立をする際にはやはり必要なのが資金です。
この資金をどのように調達するかというのはいくつかの方法があります。

まずは自己資金です。
これは名前の通り自分のお金を使ってそれを資金にすることです。
また自己資金を掲示したうえで融資を受ける。
これは銀行や公庫などから融資を受けることです。
ただこれには自己資金が必要です。

また融資を募るという事も出来ます。
これは株式会社でいうところの株に当たります。

また返還の必要がない資金に補助金や助成金という制度があります。
この補助金や助成金はもちろん申請をすれば誰でももらえるわけではございません。
申請をしてそれが認められればその制度を利用してお金を助成や補助してもらうことが出来るのです。

まずは自分に合った助成金を探すことから始めましょう。
次に必ず必要なのが、事業計画書です。
この事業計画書を元に審査を行いますので、これは大変重要です。
どれだけ世の役に立つのか、例えば雇用面で、または地域活性化のためにというような良いところを審査していきますので自己アピールが大変重要です。

この計画書が出来ましたらいよいよ申請をします。
申請は受けたい補助金によりどこに申請をするのかが決まってきます。
実際に補助金の申請をして通ったとしてもここで注意が必要なのが、補助金も助成金も後払いになります。
後払いの為、最初にかかる資金は自分で調達する必要があります。
例えば300万円の初期投資が必要な場合で200万円の補助金が支給された場合、自分で100万円だけ用意すればよいという事ではありません。
融資なや自己資金で300万円用意してまずは投資した後、支払われます。
後払いになるという事は必ず頭に入れておきましょう。

実際に補助金や助成金を受けるには面倒な手続きが必要になります。
また自分がどの補助金助成金に該当するのか、また事業計画書の製作をしたりとしなくてはなりません。
一度専門家に相談するとスムーズに申請が出来るのでそれも検討しても良いですね。