補助金は地域により違うの? - 起業家必見!会社設立で利用できる補助金解説

起業家必見!会社設立で利用できる補助金解説 > 補助金は地域により違うの?

補助金は地域により違うの?

会社設立をする際に抑えておきたいのが補助金制度です。
補助金とは返さなくても良いというのが一番のメリットです。
また補助金の他に助成金という制度もあり、補助金助成金制度はその地域特有のものもあります。

国からお金が出るので、まずその事業が世のためになるかどうかが一番の大きな審査内容となります。
国のお金を出してでもその会社の事業を行ってもらう事により例えば雇用の促進になったり、またなくなりかけている伝統を継承するといった事業内容に対して国がお金を補助してくれるのです。
もちろん上記以外でも、対象になれば補助金が出ますので、まずは自分の会社がどの補助金制度に当てはまるのかを探していく事から始めると良いでしょう。

地方公共団体による補助金はがんばる地域交付金といったように地域の中小企業に向けての補助金制度や、ある地域においてはホームページ作成のための補助金といったような特徴のある補助金があります。
これはその地域によって異なりますので、自分の地域にどんな補助金制度があるかを調べるために、まずは地域の商工会議所などで調べてみましょう。
また最近ではインターネットで、地域と補助金と検索をすると調べることが出来ます。

また女性起業家への助成金や補助金、または年齢で絞っている助成金や補助金、地域を活性化するための助成金や補助金というものもございます。
地域の補助金や助成金には、その地域の活性化にどれだけ役に立つのか、また地域の雇用にどれだけの力を発揮するかという事も大きなカギになります。
または地域の良いところ、特産物などを外に発信していくというような地域の役に立つ事業内容の場合は補助金助成金の対象になることが多いです。

補助金を申請するためには事業計画書が必ず必要になっております。
またこの事業計画書を元に審査が行われますので、自社のアピールをしっかりと入れ込んだ事業計画書を作ることが、大切になることでしょう。