補助金活用例 - 起業家必見!会社設立で利用できる補助金解説

補助金活用例

会社設立時に抑えておきたいのが補助金制度です。
補助金制度とは、国が中小企業に支援する返す必要のないお金です。
通常会社の資金を集める時には自己資金の他には、銀行や公庫からの融資という手段もあります。
もちろん融資は返さなければなりませんので借りたらすぐに返済が始まります。
補助金は返済の必要がありませんので、利用したい制度の一つです。
ただこれは誰でもこの制度を利用できるという事はありません。
もちろん審査があり、その審査に通った会社のみが補助金を受給されるという仕組みになっております。

それでは補助金の活用例を見てみましょう。
代々受け継がれてきた伝統工芸の工場の世代交代のタイミングで補助金制度を利用しました。
創業時や世代交代の時に使う事の出来る補助金制度を利用しました。
工場の機材も古くなっており買い替えなくてはなりませんでしたがなかなか資金調達が難しく、このままたたむかどうかというところでした。
息子へ引き継ぐ際にこの補助金制度があると知り、だめもとで申請をしてみましたところ審査がおり、一旦は自己資金での調達が必要でしたが、後払いで3分の2が支払われましたので伝統の技を引き継ぐことが出来ました。

職業経験や知識などが不十分な人を雇用することを目的とした、トライアル雇用奨励金は、就職困難者を雇う事により月に4万円最大3か月間支給されます。
これを利用して新たな人材の獲得、また就職困難者の方への支援が出来、その3か月間で試すことが出来ますので新たな雇用へとつながっていきます。
この制度を利用して中学を卒業したばかりの若い人材の雇用や、または障害のある方の雇用などにもつながっていきます。

補助金や助成金にはそれぞれ国や地域に対して役に立つかどうかというところが大きなポイントとなってまいります。
そこを踏まえた上で事業計画書を作り、世間の役に立つような会社であると認められることにより助成金がおりる仕組みになっています。