会社設立の手続き - 会社設立の手続の超基本

会社設立の手続き

会社設立は昔に比べ簡単に設立が出来るようになっております。
1円株式会社が一時話題になっておりましたが、昔は株式会社を設立するには大変でしたが、今は資金も少なくても株式会社の設立が出来るようになりました。
しかしここで要注意です。
簡単に会社設立が出来るようにはなったものの、簡単に考えすぎてしまい適当に設立をしてしまうと、審査に通らず設立できない、または登記のやり直しとなってしまう事があります。

会社を設立するためには手順がありますので、まずはここからおさえていきましょう。

会社設立の手順を知ろう


まずは、会社の名前【商号】を決めましょう。
株式会社○○といった様に、会社の名前からまず決めて行きましょう。
個人事業主から会社にする場合は、そのまま屋号を引き継ぐケースも多いかと思いますが、新たに決める場合は悩んでしまいますね。
会社の由来はのちに聞かれることも多いですし、意味のある商号は愛着も沸くものです。
ほかの会社にすでに使われていないかどうか、もポイントです。
同じ会社名だとWEBサイトを作る際にドメインが使えなかったり、取引相手に誤解を招くケースがあったり、場合によっては訴えられる可能性もあります。
覚えやすく、由来のある会社名がベストです。

次にその会社の事業目的を明確にしていきましょう。
何をする会社なのかという事ですね。
基本的に事業目的として定めた事業以外の事業はしてはいけないとされているので、この部分は慎重に定める必要があります。
あとから事業目的を追加することはもちろん可能ですが、祖茂場合は再度申請に費用や手間がかかりますので、ある程度将来行う可能性もある事業も見越して事業目的を定めておくとよいでしょう。

次に会社の住所を決めましょう。
ここで本店所在地としますので、その住所で登記をするようになります。
従業員の少ない場合は自宅で登記をしたり、レンタルオフィスでも登記をすることも可能ですが契約をよく確認するようにしてください。
賃貸マンションでも大家さんやオーナーの許可が取れれば登記をすることは可能です。
こちらも後から変更することが可能ですが、法務局で登記の変更が必要です。

次に役員の構成です。
役員とは会社全体の方針を決定する立場で、取締役や監査などの組織上位の役職です。
取締役は複数に設置することが可能で、その中から代表取締役を設定しさらに上位の権限定めることもできます。
最低限は取締役を1人決めれば会社設立は可能です。


まず上記のものが基本事項となります。
まずはここからしっかりと決めましょう。

基本がきまったらいよいよ細かい点を決めましょう


次に事業年度を決める必要があります。
この事業年度は決算月となり、翌年から1年に一回会社の決算をしていきます。

決算月の決め方はいろいろありますが、会計処理が忙しくなったり事務処理が多くなるので繁忙期をさけて決算月を設定したり、キャッシュが増える月が期首となるように設定することで計画を立てやすく節税効果を望む、在庫が多くなる時期は棚卸が大変なので決算月にしないなど、経営方針によって決算月を決めるようにしましょう。



次に資本金を決めましょう。
資本金はいくらにするのかまた補助金や助成金を利用するのかなどを決めて行きましょう。
1円からでも会社は設立できますが、資本金は会社の信頼度を表すものでもあります。
資本金は倒産時にかえってこないお金ですので、会社の本気度をあらわすものでもあります。
あまりに資本金が少ないと銀行の融資が通りにくかったり、大きな金額を借りられないといったデメリットもあります。
数か月分の運転資金にかかる費用を資本金にするとよいでしょう。

次に株式譲渡制限するかどうかを決めましょう。
ここは一般的には制限をかけるのが一般的です。
大企業などは制限なしになっているところが多いです。

次に役員を決めます。
代表取締役などを決めていきます。
先ほど決めた役員の構成にしたがって、決定権のある人を決めます。


またこれと同時に法人を設立するためにはまず印鑑が必要になってきます。
この印鑑を登録する必要がございますので会社名が決まったら印鑑を作っておくと良いでしょう。

またその他にもいろいろな書類が必要になってきます。
手続きも難しいものもございますので、一番スムーズに会社設立するには専門家の司法書士の先生などに相談するのが良いでしょう。
おすすめ:会社設立のベンチャーサポート
相談料はかかりますが一番確実に会社の設立が出来る事でしょう。
専門家はミスもなく、時間も節約でき、必要におうじて節税対策や助成金や補助金の情報を教えてくれる場合もあります。
結果的には費用が抑えられるケースも多くありますので、信頼できる専門家を見るつけることをお勧めします。