会社設立の手続き基本編 - 会社設立の手続の超基本

会社設立の手続の超基本 > 会社設立の手続き基本編

会社設立の手続き基本編

会社設立をするにあたり、いろいろな書類や手続きが必要になってきます。
こういったややこしい手続きは専門家に相談するのが良いでしょう。
司法書士の先生などに相談をして会社設立をするという方法は、間違いなくスムーズな設立が出来る事でしょう。
ここでは基本的な会社設立の手続きについて取り上げてみます。

まずは会社の名前を考えましょう。
株式会社○○、○○株式会社など、会社の名前を決めていきます。
次に登記する住所なども確認しましょう。
会社の本店の住所として登録する住所を決めましょう。
賃貸の場合は会社として登記を出来る住所かどうかという事も確認しておくのがおすすめです。
また似た名前の会社がないかなどを調べておきましょう。
既に決まっているとは思いますが、その会社の事業内容を決めましょう。
この内容は詳しく箇条書きにしてまとめておくとのちの事業内容の書類が書きやすくなるでしょう。

また登記をする際は法務局で行います。
印鑑の登録も必要になりますので、あらかじめ法人印を作っておくと良いでしょう。
この法人印は銀行印や長判などとセットで作ることもできます。
法人の印鑑はすぐには出来上がってくるものではございませんので日にちに余裕をもって申し込みましょう。

また登記をするにあたり会社の代表者取締役を決めます。
このとき代表者の本人確認のための戸籍謄本や、印鑑を押しますので印鑑証明なども必要になってきます。
あらかじめ取得しておくと良いでしょう。

また資本金を決めます。
これは1円からも可能ではございますが、実際に必要な資本金を用意しておくのが良いでしょう。
またこのとき資本金は一括で用意する必要がございますので、補助金や助成金を利用する場合も、借り入れなどを利用して一度は資金を用意する必要がございます。

会社を設立する場合は法務局や市役所などお役所に言って実際に手続きをする必要があります。
また不備がありますと何度も出直してくることになってしまいますので、しっかりと確認をしてから向かうよう心がけましょう。