定款作成のポイント - 会社設立の手続の超基本

会社設立の手続の超基本 > 定款作成のポイント

定款作成のポイント

会社を設立するにあたり必ず必要になりますのが、定款です。
まずは定款というのはどんなものなのか簡単にご説明してみましょう。
定款とは会社のルール会社の根本規則です。
国でいうと憲法なようなものです。
会社を設立するためには必ずこの定款が必要になります。

またこの定款は発起人になる全ての人で決める必要があり、また発起人の署名捺印、公証人の署名捺印が必要になります。
定款のポイントとしては必ず、発起人全員で作る必要があるという事です。

定款の期日事項。
其の一、絶対的記載事項
絶対的記載事項は定款の中でも必ず記載しなくてはならない事項になります。
これがないと定款として認められません。
会社の目的や所在地、会社の称号、資本金資産、発起人の氏名、株式数など会社の基本事項になります。

其の二、相対的記載事項
記載がなくとも定款としては通ります。
しかし定款に定めておかない限り効力がございません。
取締役会について、会社の役員の任期など。

其の三、任意的記載事項
記載がなくとも定款に影響はございません。
会社や発起人が合えて定款に乗せる事項となります。
定時株主総会の招集時期、取締役や監査役印の人数、営業年度など。

またインターネット上に会社の定款のテンプレートなどがございますのでそこを穴埋めしていけばある程度は作ることが出来ます。
特に絶対必要な絶対的記述事項に関しては、このテンプレートでも問題ないでしょう。

また現物出資がある場合は注意してください。
金銭での出資ではなく、現物、例えば不動産関係はこれに当たります。
土地や物件の提供といったことは必ず定款に記載しておきましょう。
これがないと現物出資が認められないという事になってしまう場合があるので注意が必要です。

株式譲渡の制限も中小企業の場合は必要です。
通常は株式の譲渡は自由です。
しかし株式の譲渡があるのは大企業がほとんどですので、中小企業の場合は制限をしておくのもポイントです。