会社設立で必ず必要な実印 - 会社設立の手続の超基本

会社設立の手続の超基本 > 会社設立で必ず必要な実印

会社設立で必ず必要な実印

会社を設立するには必ず必要になる印鑑。
個人にも役所に登録する実印がございますが、会社にも実印がございます。
またこの実印は役所に登録をして、あらゆる契約や、また会社設立時の登記手続きの際にも必要になります。
実印はとても重要な役割を持っております。

会社設立には必ず法人実印を法務局に届け出る義務がございます。
これはどんな法人であっても必ず届け出をしなくてはいけません。

契約を結ぶ際にはその会社の実印を書類に押すことにより、その会社に契約の意思があるという事が示されるものとなります。
そのため会社間の契約の際は、この実印が有効になります。

会社の実印を作るには、少し時間がかかりますので余裕をもって、会社の称号が決まりましたら作っておくと良いでしょう。
また印鑑のお店に行くと会社印3本セットが販売されております。
これは会社の実印・銀行印・角印のセットです。
会社の実印は、法務局に届け出をする印鑑です。
18㎜の丸印が使われることが多いですが、特に決まりはございません。
銀行印は、その名の通り銀行での口座仮設などに使用する印鑑です。
代表印よりも少し小さめのものを使う事が多いです。
これも特に決まりはなく、代表印と区別をするために少し小さいものの場合が多いです。
角印は会社の領収書や請求書・見積書といった、そこまで重要な書類ではないものに押します。
頻繁に押す印鑑となります。

この他にあると便利なものはゴム印(横判)です。
会社の住所・電話番号・FAX番号、会社名・代表者名が入っているものです。
またそれぞれを分けて使うことが出来るセパレイト式のゴム印も便利です。
またこの他にお店の場合などは、店名の入ったゴム印やURL入りのゴム印も便利です。

印鑑は実印のみでも会社は設立することはできますが、上記のように使い分けたほうが便利です。
またもしも個人の実印がない場合は一緒に作っておきましょう。
会社の設立の際には代表者の個人の実印も必要です。